夏から秋、季節の変わり目で釣れるルアーとは

バス釣り

①季節の変わり目で釣れるルアー

結論からいうとチャターベイトです。

季節が夏から秋へとかわる難しい時期に何を投げて良いかわからないという相談がきたので、回答します。

夏なのか秋なのか、暑かったり、涼しかったり。

暑いけど風や水は少し冷たい。洋服も半袖?長袖?時間帯によっても変わりますが非常に中途半端な時期。

当然ブラックバスも同じように感じているはず。

水も汚い部分と綺麗な部分が分かれていて中途半端。

投げるルアーは強め?弱め?フィネス?ビックベイト?打ち物?巻物?

色々悩んだあげく何を投げたらいいのかわかりません。

今回は誰でも簡単にできる釣り方とルアーをお伝えします。

ルアーはカエスというメーカーのトランキルというチャターベイトのルアーです。

クランクとスピナーベイトの間ぐらいのイメージです。

強すぎず弱すぎずといったところです。特に風が吹いたり、シャロー(水深が浅い場所)の場面に効果的です。

なぜなら、バイブレーションのような振動があるので、風に負けずしっかり一定を引くことができます。

また、浮き上がりを抑えてくれるのでシャローやドシャローにはもってこいです。

詳細は下記カエスのHPをご覧ください。

TRANQUIL
詳しくは投稿をご覧ください。

重さは水深に応じて使い分けてください。ちなみに私が使用しているウエイトは3/8オンス。

野池や河川などおかっぱりでやる場合は、ほぼほぼ3/8オンスでいいです。

カラーは好みですが、ブラックブルーとシルバーシャッドが個人的には好きです。

一般的にチャターベイトのブレードは硬いブレードを採用しているメーカーがほとんどですが、

カエスのトランキルはゴムみたいな素材で硬すぎず柔らかすぎないソフトブレードを採用しています。

釣れる秘訣はこのソフトブレードにあると思います。

この硬すぎず柔らかすぎずが、強すぎず弱すぎずを演出してくれて生命感をだしながら絶妙なスピード感を生んでくれます。

また、カエスのトランキルにDRTのクランプシャッド4.5(シャッドテール)、カラーはレイクシャッドを装着させてください。

クランプシャッドの詳細はDRT白川さんのブログをご覧ください。

password:drt

クランプシャッドのテールの微波動とトランキルの振動の組み合わせが、抜群に相性が良いです。

②季節の変わり目で釣れる釣り方

ただ、巻くだけ。です。

強弱やレンジ(泳がせる位置)は早く巻いたりゆっくり巻いたり試してみてください。

カバーや岸際、障害物があるようなところを巻くだけで、ブラックバスがルアーをひったくってきます!

たまにオープン(ど真ん中)に投げてもビッグバスに食われることもあるので油断禁物です。

私がこのルアーを投げる時に使用しているロッドはシマノのバンタム170mgで、リールはシマノのバンタムmglノーマルギアです。

様々なチャターベイトのルアーが世にでていますが、今回紹介したカエスのトランキルというチャターベイトだけ、ブラックバスの反応が異常に違います。

チャターベイトのルアーを使ったことがない方、チャターベイトは使っているがカエスのトランキルはまだ未使用だったり、チャターベイトで釣ったことがない方は是非一度試してみてください。

同じくカエスのタイニーマサムネもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました