【デプス】カバースキャット投げたら釣れる!

バス釣り
COVER SCAT  |  deps OFFICIAL HP | デプス 公式HP
ビッグバスをターゲットに、独自のコンセプトで開発された様々な高性能ルアーをリリースし続けるデプス。ストイックなまでにデカバスを追い続ける奥村和正による理論とタックルは、多くのアングラーから圧倒的な支持を集める。

2.5inch約6.6g/3.5inch約16.5gの釣り方

初心者必見です。もうほんとに投げたら釣れる。全然釣れないって人はビックリすると思います。緑で黒いブラックバスが飛び込んできます。バスがいそうだなというとこに色々投げても釣れないって方は、一度カバースキャットを使ってみてください。今まで投げてきたようなとこで釣れないポイントでも無茶苦茶反応出ます。

そう考えると少し入手困難なくらいで、メリットしかないと思ってます。初心者や釣れなくて心おれかけてる人は一度試してみてください。

カバーやウィード(障害物)に入れたり、岸沿いに投げて、底(ボトム)に着くまでは竿(ロッド)を動かさないでください。もちろん中層や表層で動かすこともありですが、落ちた瞬間や落ちてる間に食われること多いので、ボトムに落ちるまではできるだけワームの動きに任せて何も操作しないほうが良いです。

ボトムに着いたら、チョンチョン上に2、3回あげたり、ジャーク(ワームをスライドさせる)やズル引き、シェイク(細かく振動させる)をしてください。ちょうちん(ぶら下げて着水を繰り返す)や回収中もよく釣れます。2.5インチでも3.5インチでもやり方は同じです。

私の場合、真夏は2.5インチがよく釣れました。小バスが多かったですが、40cmオーバーも釣れました。残暑や秋に入る頃は3.5インチの方が反応ありました。プロが紹介している動画では、3.5インチは冬で使用しており、60cmオーバーのでかいのがめちゃ釣ってます。私はまだ冬にカバースキャットをやったことがないので冬も絶対に試そうと思ってます。

ロッドとリールはバーサタイル(対応幅が広い)のもの1本あれば、2.5インチも3.5インチも両方投げれます。ロッドやリールを使い分けたほうが良いとは思いますが、私はバーサタイル派なのでできるだけ1本でやりたいです。バス釣りはじめたばかりの頃から細かく使い分けたり何本ももつことはなかなかないのではと思います。

なんか楽しくなって好きになってハマり出してから色々こだわりが出てきたり、自分のスタイルが見えてきたりしてくるんじゃないかなと思います。ハマったらほんとあれも欲しいこれも欲しいなり、お金いくらあっても足りないキリがないと思ってしまいますが、そこはやはり快適に自分がやりやすい方で良いと思います。つまり、バーサタイル1本持っておけば、2.5インチも3.5インチ投げれるということです。

初心者の時に一番困るし何を使えば良いかよくわからない、フックサイズですが、3.5インチはオフセットフックで、がまかつのエリートツアラーワーム34Rの#6/0もしくは#5/0です。2.5インチは、オフセットフックでリューギ社の#2/0がオススメです。フックもたくさんありすぎて何を使えば良いか、何が良いかわかないと思います。なので、プロが使っているものを参考にしたり自分で色々試していくしかないです。個人的にはリューギ社のフックが使いやすいです。バレにくい(針から魚が外れにくい)です。

がまかつのエリートツアラーワーム34Rの#6/0

カバースキャットについて話してきましたが、一応デメリットも2つあります。1つ目は、ボロボロになりやすい。2つ目は、ノーシンカー(オモリをつけない)の釣りしかできないことです。しかしこれをデメリットと思わない人も多いと思います。ワームはボロボロになった方が釣れるという人もいますし、実際にボロボロの方が釣れたということもあります。そして2.5インチも3.5インチも重さがあるのでシンカー(オモリ)がなくても思ったよりよく飛びます!

そう考えると少し入手困難なくらいで、メリットしかないと思ってます。初心者や釣れなくて心がおれかけてる人は一度試してみてください。

関連動画

【バス釣り】注目のメソッド カバースキャットはこう使え!冨本タケル

ワン
ワン

人生一回こっきり!好きなことして楽しんで生きていく!じゃグッバイ✊✋

コメント

タイトルとURLをコピーしました