再生数1000回越えたインスタリール動画!フォロワー180時点!

お役立ち情報

4投稿目のリール動画が1000回再生された理由を分析!

インスタのリールという新機能。いわゆるTikTokのような機能。15秒から30秒の短縮動画をアップできる。特徴としては下記5点になります。

①スマホ全画面表示の動画投稿

②15秒〜30秒の短尺動画の作成・共有

③テキストやスタンプの編集

④BGMやARエフェクトの編集

⑤フォロワー以外のユーザーに発見されやすい

インスタ「リール」という機能がわからないまま、まずはやってみる派の私は、これで合ってるのかと思いながら1投稿2投稿とアップしてみる。多分合ってるなと3投稿目くらいではすぐ慣れてきました。

そして、今回題材にしてる4投稿目の30秒動画がすごい勢いでみるみるうちにどんどん再生回数が増えていき200回まではすぐにいきました。

その後、500回に到達したところでインスタから500回再生されましたという通知がきました。フォロワー数150人くらいだったのにフォロワーの数も一気に増えました。

そもそもフォロワーの数も少ないし、裏アカウントとして顔も隠しているバス釣り専門のアカウントで「リール」のこともあまりわからないままやったのが500回を越えたときは驚きました。

「リール」ってこうゆうものなのかな?他の人はどうなんだろう。もちろんフォロワー数やすごい有名の人は万単位だろうけど、一般の人はどんなもんなのだろう。

「リール」の投稿が10投稿いった時点で、またインスタから1k再生されましたと通知がきました。1kとは1000回再生されたということ。

で、「リール」でアップした10投稿で何で一つの投稿だけ1000回再生されたのか自分なりに分析してみた。

考えられるのは、2点。

1点目:「またやっちまった」うまくいかなった内容の動画をあげた。

雨の中、デカめの引きがきてブラックバス(魚)を食わせたのにバレた動画。つまり、釣れそうで釣れなかったというバス釣りではあるあるのバレたシーンの動画。やはり人は、うまくいってることよりうまくいっていないことに興味関心を持っているのだろう。アニメや漫画もそうで、主人公がうまくいってないときにこそ人気がでる。その主人公がどうゆう失敗をしたのか、そこからどうやって乗り越えるのか、結果よりもそうゆうプロセスに注目していることがわかる。

2点目:今が旬の音源を入れた。

個人的には、「リール」のこの音源機能が好き。

最新の曲や人気の曲を自分で選んで曲好きな部分を好きな場所に入れることができる。この時ちょうど、ハロウィンの時期だったので自分の好きな西野亮廣さんが現在制作中の映画で12月に公開されるアニメーション映画『映画 えんとつ町のプペル』のオープニング主題歌に、HYDEの「HALLOWEEN PARTY – プペル Ver. -」が入っていたので、そちらを音源に入れました。公開前からかなり人気で注目されている映画ですし、西野さんのファンもすごい多いのでこの辺の影響もあったのかなと思ってます。

以上が、インスタリール動画で1000回再生された理由かなと思っています。youtubeで再生回数1000回ってハードル高いって感じますが、インスタリール動画だと意外とハードル高くないと思うので、バス釣りしてる人は必ず「バレた」っていう経験されてると思うので、試しにインスタリール動画やってみるのも面白いと思います!

ワン
ワン

人生一回こっきり!好きなことして楽しんで生きていく!じゃグッバイ✊✋

■アマゾンの検索はこちらから↓

コメント

  1. 悟り人 より:

    ワンさん、インスタリール動画の解説、ありがとうございます。私も再生回数を伸ばせるように頑張りたいと思いました。いつもありがとうございます。

    • ワン ワン より:

      コメントありがとうございます。また参考になりそうなことがありましたら投稿しますのでよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました